腸内細菌について

最近注目されている腸内細菌にはどのような働きがあるのでしょうか。

腸内細菌は体内で良い働きをする善玉菌と悪影響を及ぼす悪玉菌、さらにどちらにも作用する日和見菌に分けられます。

善玉菌の代表と言えば、乳酸菌・ビフィズス菌などのヨーグルトなどに入っている菌で、体の調子を整える働きをします。

コレステロールの上昇を抑えたり、血圧を下げたり、腸の働きを促進させて便秘を解消させる他にもビタミンB群やビタミンKを作ったり腸内にいる病原菌を排除したり、消化を助けたり、免疫力をアップさせる働きなど大切な働きをするのです。

一方悪玉菌と呼ばれるは大腸菌・ウェルシュ菌などがあり、健康を害する働きがあります。

例えば、腸内で有害な物質を発生させてしまったり、病気を引き起こしてしまったり、腸内にある消化中の物を腐らせてしまったり、おならを臭くする物質を発生させるなど害になる働きばかりです。

特にウェルシュ菌は体内に入ってきた肉などの動物性脂肪を有害物質に変化させることによって腸の粘膜に悪影響を及ぼしたり、さらに大腸がんへと移行させてしまうなどの最悪な働きをしてしまうのです。

ストレスや食生活、老化や薬のホームページ制作服用など様々なことでバランスが崩れてしまうことが分かっています。

腸内細菌は、ヒトの免疫能力に大きく影響していると言われています。

善玉菌と呼ばれるもの脱毛器が免疫力を高める働きをします。

免疫力が高まれば、良好な健康状態を維持することができます。

反対にヒトの免疫力を低下させる働きをするのが悪玉菌です。

この悪玉菌が多くなると、健康状態が保てなくなり病気になったり肌が荒れてしまったり、口臭や体臭に悩まされることになります。

健康状態を良好に保つためには、腸内細菌の中で善玉菌を増やす努力をしなければなりません。

栄養源とするものが違うので、善玉菌の喜ぶ食材を摂取するようにすれば善玉菌が腸内で強く作用することになるのです。

善玉菌は食物繊維などに含まれる糖質で増やすことができます。

この糖質とは、オリゴ糖・乳糖などで、これらを含むように意識して食事をすれば健康状態を保つことができるでしょう。

腸内で善玉菌の数が少ないと、体に良いオルビス食べ物を摂取しても腸で吸収することができず、結局体外に出してしまうことになってしまいます。

体内に入った栄養が効率よく吸収されていき免疫力アップの効果が出てくるのです。

腸内環境を整える食生活を目指しましょう。